オススメ洗車方法

園芸用噴霧器で泡々洗車

投稿日:2021年1月23日 更新日:

 

今流行りの泡泡洗車をしたい!そこで多くの洗車サイトや動画サイト等でよく紹介されている代表格がケルヒャーの高圧洗浄機を使う方法でした。洗車以外にもたくさん用途があり何度も購入を考えました。

しかし、性能さることながらお値段も高額なため私は手が出せないと思い他情報を調べていました。すると園芸用の噴霧器で作ることが可能といった情報がいくつか出てきたので私も似たような物を近所のホームセンターで約850円で園芸用噴霧器を購入し実践してみました。今回は、洗車用シャンプーで有名なシュアラスター園芸用噴霧器を簡単改造し泡泡洗車をやって見たいと思います。

注意 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。当サイトの保守、火災、停電、その他の自然災害、ウィルスや第三者の妨害等行為による不可抗力によって、当サイトによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害についても、何ら責任を負うものではありません。当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。

必須道具

▶︎メラミンスポンジ

▶︎園芸用噴霧器(私は近くのホームセンターで購入しました)

▶︎以下のような噴霧器でも良いかもしれません(実際に購入する際は構造等をよく確認してからにしてください)

作製手順

1. 以下のような道具を準備しましょう

2 園芸用噴霧器の上部を取り外し、細いチューブのオレンジ矢印の辺りに1 mm程度の空気穴を開けましょう。空気穴なので洗車液に浸からないようなるべく上部の方に穴を開けましょう。

こんな感じで穴を1 mm程度の穴を開けました

3 ノズルを取り出し、内側の半透明の内フタのようなものを取り出します。私が購入したノズルの場合、内径が約12 mm程度だったので1 cm正方形に切ったメラミンスポンジを内側に入れました。

メラミンスポンジを入れたら半透明の内フタを再度嵌め込みましょう。

5 穴を開け、メラミンスポンジを詰め込んだら元に戻しましょう。

実際に使用してみました

 

車用シャンプーでお馴染みのシュアラスターを使用して泡を作っていきたいと思います。通常の場合、シュアラスターはキャップ1杯に対して1Lの水で薄めて使用するとのことです。今回は、いくつか濃度を変えてやってみたところ4倍濃度(キャップ4杯に対して水1L/キャップ2杯に対して水0.5L)で次のような写真の泡になりました。

実際に使用してみると泡洗車風にはなりましたが、少し物足りないなと感じました。他動画サイト等で紹介されている泡までとはいきませんでした。おそらく私の作り方が原因かなと思います。他サイトや動画サイトによるとメラミンスポンジ以外で作製している場合もありました。他のもので再度試行錯誤してみたいと思います。改良版を作製し次回の記事にしたいと思います。また、何か良いアイディア等ございましたらコメントよろしくお願いします。

-オススメ洗車方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

青空駐車の方にオススメ!紫外線からボディの劣化を防ぐ “濃縮UV吸収剤配合” オススメコーティング剤!【汚れ・雨染み防止・ヘッドライト黄ばみ防止?にもオススメ】

車の査定・下取り・買い取り・売却するならココ!オススメ査定サイト紹介 ! オススメ!自分の車に合ったオリジナルの“カーカバー”・“シートカーバー”・“ハンドルカバー”・“キーケース”作りませんか? 愛 …

車の飛び石キズはボディが錆びる前に早く対処して!

洗車をしているとボディに1.2 mm程度の穴のようなキズを発見したことはないでしょうか? 多くは走行中に、他の車が巻き上げた小石がボディに「バチン!」と当たり塗装が剥げてしまうことが多いです。 単刀直 …

その車汚れの正体は?水垢(水アカ)・イオンデポジット・ウォータースポット?の落とし方はコレだ!

洗車をしていると… カーシャンプーとスポンジを使っても落ちない汚れがある! と、思ったことはありませんか? それ汚れが「車の水垢(水アカ)・イオンデポジット(デポジット)・ウォータースポッ …

洗車キズ注意ポイント2選&オススメ洗車スポンジ(グローブ)5選

車を購入し「いざ、綺麗に維持していくぞ」と思い、洗車を続けていくといつの間にか日光の当たり方によっては車のボディに小傷(洗車キズ)が目立つようになっていませんか? そこで、今回の記事では「そもそもどう …

ボディの黄ばみ・鉄粉除去方法

降雪地帯にお住まいの方なら経験があると思います。冬になると消雪パイプからのサビ水によって、ボディ下周りが黄ばんでしまったことがあると思います。 今回の記事では、消雪パイプからのサビ水・鉄粉によって車の …

楽天アフィ オススメ